太陽光発電分譲はローン購入しても売電収入が得られる

土地を持っていない人や初期費用を安く抑えたい人にはピッタリの投資方法

低リスクで安定した副収入なら太陽光発電分譲で決まり

選ばれる理由

分譲でソーラーパネルを設置するメリットはなんと言っても“楽さ”
用意されている土地を利用してソーラー発電をするため、
ご自身で土地やパネルの用意が不要なのはもちろんのこと、
整備も専門家に任せる事が出来る手軽さがウリ。

ソーラーパネルの一般的なイメージは家の屋根にパネルを設置し
家庭用電力の余剰を売電するというものですが、
分譲で始める太陽光発電は「既に用意された土地」にパネルを設置し、
「発電によって得られた電力全て」を売電するため、お住まいの地域や
環境に影響されることなく効率的な資産運用を始める事が可能
です。

小規模太陽光発電の為に割り当てられた区画ごとにご購入が可能
土地を持っていなくても小規模太陽光発電が始められます!
既に太陽光発電を申込済みのお客様で、グリーン投資減税対象の方
年度内に売電開始区画を割り当てることも可能です。

メールフォームへ

太陽光発電を始める上で肝心なことといえば、使用するソーラーパネルの性能。
屋外使用による耐久度や定期的な発電量など、オーナーが心配に思うポイントは数知れず。
だからこそ、購入後も安心して使えるソーラーパネルが選ばれています。
ソーラーくんパークで使用されるパネルは世界2位の生産量を誇るJAソーラーの太陽光発電パネル
開発から生産や管理まで徹底してパネルの品質管理を行い生産されているからこそ、
多くの人が安心して使用することが出来ます。また、25年の長期にわたってモジュールの出力性能を保ち、動産保険を完備。
運用開始後に心配されるメンテナンスも充実。万全のアフターフォローで、お客様が長く安心して使えるサポート体制を目指しています。

こんな希望を持った人が最終的にたどり着くのが分譲型です
何故分譲型の小規模太陽光発電が人気なの?
ソーラーパネルの画像

今、小規模太陽光発電は効率的な資産運用として注目を浴びています。
数ある資産運用の中でなぜ、太陽光発電なのか?
その理由は収入の安定性の高さにあります。
条件を満たした発電エネルギーは電力会社が固定の価格で買い取ることが
国の制度により義務付けられています。

しかし、1kWh当たりいくらで買い取りされるかは毎年変化します。
24年度の買取価格は1kWh42円でしたが、25年度では買取価格37.8円
なりました。26年度の買取価格は未定ですが、
37.8円から変更となる可能性もあります。
これは電力の供給量の問題で、今後発電をする人が増え発電量が増えるほどに
この1kWhあたりの買取価格は下がって行くと考えて良いでしょう。
すなわち、37.8円のいまのうちに導入した方がお得なのです。

例えば買取価格37.8円の時に対象設備であるという認定を受け、
電力供給の申し込みをすることで、そのあと20年間は37.8円の価格が固定されます。
今太陽光発電を始めればむこう20年間はこの売電単価が維持されます。
平成24~26年度の3年間に契約するとプレミアム期間として、20年間に渡り多くの利益をあげられる購入期間となるのです。
その為、「すぐにでも始めよう!」という人が多く現れています。

「土地を持っていない」「初期費用をあまり多くは払えない」そういった悩みからなかなか投資が始められない個人や法人の方もいるでしょう。ですが、選ばれる理由の一つにはローン購入が出来る点も挙げられます。
さらに、毎月売電によって得る収益によってローンの支払いをしてもプラスの収入を得る事が出来るため、毎月の支払いについて迷っている人にも手が出しやすいというメリットがあります。

個人でも手間なく始められる長期資産運用

法人はもちろん、個人でも始められるのがソーラーくんパークの魅力。
頭金なしのローンを組んだとしても、毎月現金収入を得る事ができます。
また、法律により「発電された電力全て」電力会社に20年間に渡って買い取ってもらう契約をするため、
月々の支出はもちろん、将来の貯蓄に充てることも可能!

メールフォームへ

お申込から導入までの流れ
まずは無料でお問い合わせ!
お名前
メールアドレス
電話番号
現住所(都道府県)
現住所(市区町村以下)
お問い合わせ種別
希望日時

例) 2013/10/1 午後3時〜、毎週土曜 午前、など

第1希望

第2希望

第3希望

お問い合わせ内容